日本でオーガニックの市場規模は一兆円と言われています。

これは食に関する産業の約1%ほどです。

オーガニックなものが欲しい、自分のためだけじゃなく、家族や子どもの健康のために、食べ物の安全性に興味をもつ人が増えてきました。

ですが、その需要にたいして供給が追いついていなく、そしてまだまだオーガニックについて理解がうすいのが日本の現状です。

ゆりかごから墓場までオーガニックなモノやコトの提供を目指している日土水むらでは、年三回開催している、

日土水市

オーガニック広場ひふみ

でオーガニックなモノやコトの提供をしています。オーガニックなモノやコト、そして知識がほしいかたに向けて場所を提供しています。

ブログ

日土水市出店者:369農園

ブログ

日土水市出店者:福岡ファーマシー

ブログ

日土水市出店者:mokumoku

ブログ

日土水市出店者:和のかし

ブログ

日土水市出店者:がんこ本舗

ブログ

日土水市出店者:85Ohana

ブログ

日土水市出店者:船出屋(veggie食堂)

日土水むらとは?

ケーロをつかったモノやコトの交換。お金のいらない社会を目指す。

日土水むらとは?

オーガニックなモノ・コトを広げる日土水むらの構想

イベント

日土水市開催(3/31:JR古賀駅西口すぐ「憩いの広場」にて)