日本人の衛生意識が高いのは?

日本の歴史はとても長く、一つの王朝が日本のように長くつづいている国は他にありません。

その長い歴史のなかで、高い衛生意識がはぐくまれています。

たとえば、浄水や下水道システムの整備は他国よりすぐれていて、ミラクルピースとよばれた江戸時代は、そのおかげなのか江戸は世界一の人口でした。

さらに安全でおいしい食品をつくるために、日本独特の発酵文化が各地で育ってきました。

そのほか「風呂文化」は清潔を保つだけでなく、社会的、精神的に利益をもたらしてきました。

また、食事をする前の手洗いや、食品の取り扱いにおける衛生規則も厳しく、これらの習慣が感染症の予防に寄与しています。

日本の公衆衛生の歴史

日本で公衆衛生が体系的に発展し始めたのは、明治時代になってからとされています。明治になって西洋の医学や衛生学が導入され、疫学と予防医学が強化されました。

たとえば、1897年にはコレラの流行を受けて予防接種法が制定され、日本独自の公衆衛生システムの構築が進められました。

ですが、日本が他国に比べて公衆衛生に対する意識が高いとされるのは、明治時代以前から、すでに土台ができあがっていたようです。

歴史的背景

  1. 江戸時代の衛生管理: 江戸時代には、250年以上にわたる平和で社会の統制が行われた期間があり、これが公衆衛生への意識に強い基盤を築きました。例えば、火事と伝染病の予防に対する取り組みがあり、町人文化の中で衛生管理が重要な役割を果たしました。
  2. 近代化と衛生: 明治時代に入ると、西洋の医学や衛生理念が導入され、急速な近代化とともに公衆衛生の基盤が整えられました。この時期に、疫病の防止や清潔な水の供給など、現代の公衆衛生システムの土台が築かれたと言われています。

文化的側面

清潔という価値観は日本文化の根底に深く根ざしています。たとえば入浴文化や神道で行われる清めの儀式などがその例です。これらは心身を浄化する大切さを象徴していて、日本人が公衆衛生に高い意識のも、これが理由です。

「祓い(はらい)」は神道における重要な儀式の一つで、不浄や罪、穢れを取りのぞき、身を清めるのが目的です。これは、人間や物、場所などが神聖な存在や場所と接する前に、身心を清浄にするために行われる習慣です。

祓いの実践は、日本人の精神性や文化に深く根づいていて、清潔さへの価値観ともつよく結びついています。たとえば、塩の使用、玉串の奉納や御幣をつかう、式年遷宮など、神事にかかわるモノやコトは祓いの実践で、それが日本人のふだんの生活にも根づいていて、徹底した衛生管理にもなっています。

祓いの儀式は参加者やその場にいる人々の心を穢れから解放し、新たな気持ちで物事に取り組むために心をととのえてくれます。

また、自然との調和、自然への感謝をあらわし、先祖や神々へ敬意をしめす行為としての役割も果たしています。

日常的に行われる小さな祓いから、特別な日に行われる大規模なものまで、祓いは日本文化の中で多岐にわたる形で存在しており、日本人の生活や価値観に深く浸透しています。

日本社会は一般に「個より公の意識」を大事にする傾向があり、個人の行動が他人やコミュニティにおよぼす影響を深く意識します。

そのため、他者への配慮や共同での取り組みが、感染症の予防策として自然に取り入れられています。

    下水道システムと浄水の普及

    日本は大昔から都市部だけでなく地方にも高度な下水道システムを整備していて、国民の健康をまもっています。

    また、高い浄水技術により、安全な飲料水を確保することができています。これらのインフラは伝染病の拡散防止に大きく貢献してきました。

    伝統的な食文化の影響

    日本の食文化には、新鮮な食材を用い、栄養バランスを重視する特徴があります。さらに発酵食品の消費は腸内環境を整える効果があるとされ、これが長寿に結びついていると考えられています。

    また、生食を好む日本では、食品の衛生管理が非常に厳しく、食中毒の予防につながっています。

    日本の公衆衛生に対する高い意識と成功は、長い歴史と伝統、そして継続的な政策と技術の進歩によって支えられています。その結果、高い平均寿命や低い乳幼児死亡率など、多くの健康指数で世界をリードしているのです。

    現代の公衆衛生

    現代の日本では、先進的な医療技術や予防医学の発展、高度な衛生管理システムが確立されており、生活習慣病の予防や健康管理に対する意識も高まっています。

    また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応では、マスクの着用や手洗いなどの基本的な予防策が、国民に広く受けいれられました。これは一人ひとりの衛生にたいする意識が高かったからでしょう。

    これらの事例からも、日本が公衆衛生に対する高い意識を持ち続けていることがわかります。

    それらは大昔からつづいた歴史のなかで、人々が、

    自然へのオソレ、ウヤマい
    自然への感謝

    感謝をあらわすための「祓い」
    他のために自分をいかす

    といったコトを大事にしてきた結果なのかもです。

    以上のように、日本の公衆衛生に対する意識は、歴史的、文化的背景に深く根差したものであり、それが現代における公衆衛生の取り組みにも反映されています。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    イベントのお知らせをします
    ブログ
    シェアする

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました